介護の職場選びで失敗しない方法

介護の仕事をしようと思った時に、どのような職場で働けばいいのか迷う人も多いと思います。
介護事業所はたくさんあるので、それぞれどのような違いがあるのか、自分にはどのような事業所が合っているのか、たくさんある事業所の中から自分に合う職場を探し出すのは大変ですよね。
今回は介護の職場選びで失敗しない方法についてお話いたします。

介護施設の情報ってどこで得られるの??

介護経験の長い方は研修等を通して他施設との交流があったり、近辺の介護事業所の評判など、ある程度の情報を得ることができると思います。でも、介護の仕事をしたことのない、未経験の方にとっては、そういった情報を得ることが難しいですよね。
どのようにして情報を得ればいいのでしょうか?

すでに介護職員初任者研修を受けている方であれば、訪問介護と通所介護の違い、入居施設についてなど、それぞれの役割や違いなどを理解しておられるかもしれません。
でも、同じような種別の介護事業でも、事業所によって雰囲気が全く違うということもあります。
求人募集のお給料の金額だけ見て就職を決めてしまい、後悔したというケースは少なくありません。

もしも現在、介護職員初任者研修を受けているのであれば、講師の先生にどこの施設がおすすめか聞いてみるといいと思います。
講座を行っている会社が経営する事業所をすすめられることもあるかもしれませんが、講師と仲良くなると、地域にあるいろんな施設の特徴や雰囲気、評判などを教えてくれることもあります。

また、民間の職業紹介会社などを利用して、コーディネーターに相談しながら情報を得ていくこともできます。

介護転職支援サービスを利用するメリットとデメリット

2017.10.12

ただ、話を聞いただけで信じて、すぐに決めてしまうというのはいささか不安です。
評判がいいと聞いて就職したはいいけれど、実際就職してみたら自分の思い描いていたイメージとは違った・・・。というケースもあります。

介護の職場選びで失敗しない方法は??

そこでおススメする介護の職場選びで失敗しない方法は、ズバリ見学もしくは実習をさせてもらう!です。

就職というのは「雇ってもらう」というイメージが強いかもしれませんが、自分が選ぶということもとても大切です。

介護施設の多くは見学や実習を受け入れています。

見学はともかく実習はちょっと・・・と思うかもしれませんが、介護現場では就職する前に1~2日実習を行っている施設も少なくありません。
実習というと、学生が授業の一環として行うというイメージが強いのですが、就職する前に職場体験として行うこともあります。
だから、「実習をさせてください」と申し出ても何の違和感もありませんし、やる気のある人だなと見られます。

実習中に相手(事業所)も応募者の人間性や適性を見ることができますしね。

気になる事業所があったら、就職希望であることを伝え、履歴書を見ていただいた後にでも見学や実習をさせてもらえるかどうか聞いてみましょう。

見学だけではわからないことも多いので、なるべく実習をしてみることをおすすめします。
百聞は一見にしかずといいますが、自分の目で見て体験することが一番です。

居心地がいい職場は、一日いればだいたいわかります。
雰囲気が自分に合っているかどうか、直感で判断してもいいと思いますが、以下の点に注意して職員さんや利用者さんをよ~く見てみてください。

職員さんがご利用者さんにどのように声をかけているのか、どのように接しているのか。
それに対してご利用者さんはどのような反応をしているのか。

⇒職員さんとご利用者さんとの関係性や、ご利用者さんが大切にされているかどうかがわかります。
例え職員さんの言葉遣いが丁寧でなかったとしても、ご用者さんは楽しそうにしていることもあります。それは二人の関係がそれだけ親密だということです。
ご利用者さんの表情をしっかりと見てみてください。

職員さんがきめ細やかに配慮してくれるかどうか、自分に興味をもって話しかけてくれるかどうか。
⇒就職した後も丁寧に教えてもらえる可能性大。コミュニケーションがとりやすいということは、チームワークを高めることにもつながります。介護の仕事はチームで行う仕事です。新人さんを大切にできる職場は、ご利用者に対してもいいケアを行っているところが多いです。

ご利用者さんとの出会いを楽しめるかどうか。
⇒病気や障害のある方と接することは、初めは気構えてしまうかもしれませんが、お話をするうちに自分の価値観を見直したり、新たな気づきを得ることができます。
病気や障害ありきで仕事として接するというよりは、人と人との出会いを楽しめるかどうか。
人生の先輩との出会いを楽しむことができるかどうかは、介護の仕事をしていく上でとても大切なことです。

仕事内容は自分にできそうなことなのかどうか。
⇒事業所によっては介護だけでなく、食事や洗濯、掃除などの家事を行うところがあったり、ゲームや体操などのレクリエーションを行うところがあります。人によっては得意不得意などあると思いますので、どのような仕事をするのかを見て確認してみてください。

こういったことを実習を通して感じてみてると、就職した後の自分の姿がイメージしやすいですし、その事業所で自分が働けそうなのかどうかがわかると思います。

どんな介護事業所が自分に合っているのかわからないという方は、こちら↓の記事も合わせてお読みください。

あなたはどのタイプ?後悔しない介護の職場選び

2017.10.10

介護エージェントから無料で就職の支援を受けたいという方はこちら↓の記事をどうぞ。

【2018年】介護の転職サイトおすすめ6選

2018.01.04

人に紹介してもらったり、すすめられたりすることもあると思いますが、職場を決めるときは、最後は自分の目で見て、肌で感じたその感覚を信じてくださいね!
あなたに合った介護施設はきっとありますよ。



  
介護の資格取得制度


介護転職サービスメリット・デメリット

プラズマローゲン




<スポンサーリンク>