【介護職】未経験でも派遣会社に登録していいの?

派遣というと即戦力になるというイメージがありますよね?
介護未経験の方は、自分が派遣会社に登録してもいいものなのか?
介護事業所に派遣されたところで、自分が役に立てるのだろうか?と悩まれている方も多いと思います。
介護現場ではどのような派遣社員さんが働いているのでしょうか?

介護現場での派遣社員ってどんな人が働いているの??

即戦力になるようなベテラン職員さんが多いかと思いきや、実は介護の派遣の方は未経験の方が多くいらっしゃいます。
むしろ未経験の方のほうが多いイメージがあります。

職員を求めている介護事業所もそれをわかっているので、派遣としてやって来る職員さんに過度な期待はしていません。
ベテラン職員さんが来てくれたらラッキーぐらいに思っています。

介護は人間関係が一番大事ですので、いくら別の事業所で介護経験があったとしても、初めて会うご利用者に対して誠実に接してほしいと考えています。
でも介護経験の長い方は慣れが生じてしまい、相手(ご利用者)の気持ちを考えるよりも『介護』という行為を優先してしまう人も多くいます。
経験が長いということはいいことでもありますが、初心を見失いがちであるともいえます。

初めて訪れる職場では、対人関係で初心を求められます。
それが誠実にできるのは、未経験の方のほうが多いのではないかなと思います。

介護の知識や技術が未熟なことに不安を感じている方もいるかもしれませんが、介護現場が求めているのは、あなたの優しさや人を大切にできる人間力なんです。

介護未経験者が派遣会社などの人材紹介会社を使うことのメリット

派遣会社だけでなく職業紹介の会社でもいいのですが、公的な機関のハローワークではなくて、民間の会社を使うことのメリットをお伝えします。

まず、ハローワークと派遣会社の違いですが

ハローワークで仕事を探すと、事業所との直接雇用になりますが、派遣会社では雇用は派遣会社にされ、働く場は介護事業所で、ということになります。

民間の会社では、派遣のみを行っている会社もあれば、事業所に直接雇用される正社員やパート、または派遣としての働き方などを選ぶことのできる職業紹介会社もあります。

公的な機関であるハローワークも、民間の職業紹介の会社も、どちらも費用は無料です。
無料で職業紹介をしてくれるのですが、サポートしてくれる内容に多少差があります。

ハローワークは、数多くある求人の中から自分で自分に合うであろう求人を見つけて、それを職員さんに伝え、面接の日程調整などをしてもらいます。

民間の職業紹介は、地域の介護施設に詳しいコーディネーターが、就職に関して希望の条件などの相談にのってくれて、その条件に合うような求人を見つけてきてくれます。
もちろんその会社に登録してある求人情報の中から自分で探して選ぶこともできますし、気になる施設があったら施設見学などもできます。
その施設見学も、コーディネーターが相手方の事業所と日程調整をしてくれたり、当日は同行もしてくれます。
さらに、面接にも同行してくれたり、勤務条件や賃金条件などの交渉までしてくれます。
(※会社によってはサポート内容に多少差があります)

未経験で、これから介護の仕事をしようと考えている方にとって、これほど心強いことはないのではないでしょうか?
就業までの道のりを、二人三脚で歩んでくれます。

さらに、就業したらそれで終わりではなく、就業後も様子を気にかけてくれたり相談にのってくれたりします。
働き始めというのは悩みがつきものです。
職場の雰囲気や仕事内容、人間関係のことまで相談にのってくれる相手がいるというのは、とてもありがたいことですよね。
誰かに支えられていると、がんばろう!という気持ちにもなります。

ハローワークは職業を斡旋する機関なので、就職後のフォローはありません。

民間の職業紹介会社の方がサポートが充実しているのですが、場合によっては派遣ではなく、ハローワークで仕事を探した方がいい場合もありますので、詳しくはこちら↓の記事もお読みください。

【介護への転職】民間の職業紹介とハローワークとどちらを利用した方がいい?

2017.10.16

介護未経験者が派遣で働くことのメリット

介護施設はたくさんあり、それぞれ役割が違うので、職場の雰囲気や仕事内容もかなり変わってきます。
それぞれの事業所に特徴があり良さがありますが、介護未経験の方が数多くある求人の中から職場を選び出すのは大変なことだと思います。
どんな職場があるのか、またどんな職場が自分に合っているのか、考えようにも全くイメージがわかないのではないでしょうか。

結果、お給料の金額だけで判断して就職して、後悔してしまうこともあり得ます。

そんなとき、頼りになるのが職業紹介のコーディネーターです。
コーディネーターは地域の介護施設に詳しいので、いろいろと教えてもらえますし、話をするうちに少しずつ理解を深めることができます。
親身になって話を聞いてくれ、施設見学なども一緒に行ってくれます。

実際に職場を見てみるということはとても大切なことなので、施設見学にはぜひ行ってみてください。

今までとは違う新しい業界に足を踏み入れるというのは、緊張もしますし勇気のいることだと思います。
そんなときにサポートしてくれる人がいると、安心して就職活動ができますよね。

派遣会社を使うことのもう一つのメリットは、派遣として働く間、お試し期間として考えられるということです。
どんな仕事もそうだとは思いますが、やってみて初めてわかることがたくさんあります。
実際にやってみて思っていたよりも大変だったとか、思っていたよりも楽しい仕事だったとか、いろんな感想をもつと思うのですが、もしも、やっぱり自分には向かないなと思ったとしたら、派遣期間の任期満了(3ヵ月)で辞めることができます。
または、デイサービスよりも入居施設の方が自分には合っているかもしれないと思った場合は、任期満了で施設を変わることができますし、介護の仕事にやりがいや楽しさを感じたら、正規職員として勤める道に進むこともできます。

初めから介護事業所に正規雇用をされていたら、自分には向かないと思ったとしても短期間では辞めづらいということもありますよね。
悩みながらも続ける中で、介護の仕事のおもしろさに気づくこともありますが・・・。

強い思いをもって介護業界に転職する人ばかりではないと思います。
自分にできるかどうかわからないけれど、やってみたいなという気持ちで飛び込む方もいます。
派遣として働く間に、介護の仕事が自分にできるかどうか、このまま続けられそうかどうか、自分自身を見つめなおすことができます。

まずは経験してみるという気持ちで、介護のお仕事をしてみてはいかがでしょうか。

こちら↓の記事も合わせてお読みください。

【介護職】押さえておきたい派遣で働くことのメリットとデメリット

2017.10.07

介護未経験の方におすすめする派遣会社はこちらです。
↓   ↓   ↓
かいご畑
働きながら資格を取ることができますし、条件が合えば資格取得にかかる費用を免除してもらえます。



  
介護の資格取得制度


介護転職サービスメリット・デメリット

プラズマローゲン




<スポンサーリンク>